Paken.NET

筑波大学附属駒場中・高等学校 パーソナルコンピュータ研究部
<< 2008年02月 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< Skizblaznir開発日誌_2月3週 | トップ | Eclipseについて >>

IDEについて

2007年03月01日 木曜日 | Paken > isa-inguz |

今恐らく世間で一番使われているIDE(統合開発環境)は、Microsoft社のVisualStudioと思われます。

しかし、VSがデフォルトで対応している言語は、基本的には四つしかありません。

世の中にはVS以外にも色々なIDEがあるようですから、ちょっと見てみましょう。
言語ごとに見ていきます。

C/C++

C/C++の開発環境については、VisualC++で全く問題が無いという考えもありますが、世の中にはMSVCCompilerなんて絶対に使いたくないという人もいるかもしれません。そんな人にお勧めするのは、Eclipseです。

Eclipseは高機能なjavaIDEとしてあまりにも有名ですが、C/C++にも対応しています。

デバッグもグラフィカルに出来、基本的な使い方ならばVC++と遜色無いと言えるでしょう。

ただし、当然のことながらWindowsアプリケーションを作るにはMSVCの方が向いていますからEclipseを使うことはお勧めされません。C++/CLIも当然ですが使えません。

なお、EclipseでC/C++開発をするには、C/C++ Development Tools(CDT)が必要ですが、普通にEclipseをインストールするとすでにそのまま開発できる状況になっていた記憶があります。

もしかしたら記憶違いかもしれませんが、そうしたらCDTを素直にインストールすれば使えるようになります。

Eclipseダウンロード

CDTダウンロード


java

javaといったらEclipse。先述のEclipseが一番良いと思われます。

プロジェクト管理・高機能エディタ・デバッガとセットになっており必要なものはプラグインとして追加できるので便利です。

ただ、自分はEclipseのデザインはあまり好きではありません。人それぞれでしょうけど。

また、ほぼSun純正のSun Java Studio Enterpriseも良いかもしれませんが、使ったことがないので何ともいえません。

なお、他のIDEとしては、VisualJ#(java互換.Net対応)などがありますが、純粋にjava開発を行うならばeclipse以外のものはあまり思いつきません。


Python

Pythonの統合開発環境はほとんど存在しませんが、ここではVisualPythonとIronPythonプラグインを挙げておきます。

これら二つは、VisualStudioの機能拡張として使うタイプのものなので、VSが無いと使えません。

VisualPythonはすでに開発が打ち切られているようなのであまり使うことは無いと思われます。

IronPythonプラグインはPythonに.NetFrameworkを対応させた互換言語のVisualStudioアドインです。

まだ正式リリースではありませんが、VisualStudioSDKをインストールする事で使えるようになります。

インストール方法の詳細はこちらにありますので、是非試してみてください。

VSの高機能エディタ・プロジェクト管理・intellisense・.NetFramework・デバッグ(ウォッチも可能)と、ほとんど全ての機能が利用でき、非常に便利です。

VSSDKダウンロード

PHP

PHPは普通HTMLに組み込んでCGIとして使うようなスクリプト言語で、あまり統合開発環境が必要とされるような機会は無い気がしますが、大規模なプロジェクトを進行するときにはファイル管理などのためにあった方が良いのかもしれません。

代表的なPHPIDEとしては、PHPEditorとEclipse用プラグインがあります。

PHPEditorダウンロード

Perl

PerlもPHPと同じくあまりIDEの必要性を感じないのですが、フリーの比較的使いやすいIDEとしてはOpenPerlIDEがあります。

有償のものとしてはVisualPerlなどもありますが、すでに開発が打ち切られていた覚えがありますから、あまりお勧めではありません。

OpenPerlIDEダウンロード


こんなところでしょうか。IDEは必要な場合とそうでない場合とがありますので、自分の好みと必要性にあわせて好きな環境で存分に開発してみてください。
isa-inguz | コメント (0) | トラックバック (0)

コメント









 

トラックバック

トラックバックURL :